明治

スポンサーリンク
日本史

桂園時代・日本とその周辺国の関係

  桂園時代とは 桂太郎と西園寺公望という二人の人物が交互に総理大臣を務めた時代を二人の名前から桂園時代と呼ぶ。これまで日本を引っ張ってきた山県有朋や伊藤博文は非公式の役職である元老として首相を選任する役割に回ることになった。...
日本史

日露戦争の原因と結果をわかりやすく解説

  ロシアの思惑と、イギリスの思惑 日露戦争の原因を理解するのにあたって大切なのが、ロシアの思惑を理解することにある。ロシアは基本的に寒いので、冬になると港が凍ってしまって貿易をすることができなるなる。そのためロシアは凍らない...
日本史

日清戦争後の日本の政治(政党内閣の始まり)

  政府と政党の接近 日清戦争以前の日本では基本的に軍事力を強化するために税金をアップしたい政府vs税金を払いたくない国民によって選ばれた国会議員による対立があった。 税金あげて軍事力をアップさせるぞ いやに...
日本史

不平等条約の改正の流れを簡単に解説2

  前回の記事はこちらからどうぞ 大隈重信 条約改正問題において井上馨が欧化主義政策を実行したことで、裁判官を外国人にするとした上で領事裁判権の撤廃の妥協案として認められた。しかしその後ノルマントン号事件によ...
日本史

不平等条約の改正の流れを簡単に解説1

  条約改正問題 幕末に結ばれた欧米諸国との不平等条約を改正することは明治政府にとって最重要課題の一つだった。治外法権の撤廃と関税自主権の回復をすることが日本の悲願だった。 日本 不平等条約を改正してやる 岩倉具...
日本史

諸法展の編纂と第一議会

  諸法展の編纂 憲法が出来上がったので次は法律を整備していこうという流れになった。フランスの法学者であるボアソナードを招き法律を作り上げることになる。これによってできた法律は天皇や皇族に対する罪が存在し、天皇に失礼な態度を取...
日本史

大日本帝国憲法の制定と日本国憲法との違いは?

ドイツ流で作られた大日本帝国憲法 憲法制定のリーダーとなったのは伊藤博文。伊藤博文は憲法を制定するためにヨーロッパに渡り、憲法について学ぶことになった。伊藤博文はドイツに渡り、ドイツ流の憲法を学んだ。ドイツの憲法は君主権が...
日本史

松方財政と民権運動の激化

  松方財政 政府は西南戦争の戦費を賄うために政府は不換紙幣(金や銀と交換することのできない紙幣)を乱発した。さらに軍艦や武器を海外から購入するために金や銀で支払いを行ったため国内から金や銀が不足した。結果的に国内で物価が上昇...
日本史

自由民権運動とは何かわかりやすく解説

  自由民権運動の目的と前半 岩倉使節団が欧米諸国に視察に行っている間日本では征韓論という韓国を武力によって開国させるという主張が広まっていた。しかし岩倉使節団が帰国すると征韓論に反対され征韓論を主張していた西郷隆盛や板垣退助...
日本史

岩倉使節団と周辺国との外交をわかりやすく解説

  岩倉使節団 明治初期、不平等条約の改正が日本にとって外交上の最重要課題だった。この不平等条約を改正するために岩倉使節団が欧米に派遣されることになった。岩倉使節団にはトップの岩倉具視をはじめ大久保利通、木戸孝允、伊藤博文とい...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました