大航海時代のスペインとヨーロッパにもたらした影響

ポイント3つ

  • スペインの航海士達
  • 世界を股にかけるスペインとポルトガル
  • 大航海時代がもたらした様々な革命と影響

スペインの航海士達

コロンブス

大航海時代といえばコロンブス。コロンブスはトスカネリの地球球体説を信じていた。その為コロンブスはこう考えた。

コロンブス
コロンブス

今まではアフリカを超えてインドまで行っていたけど、西に行けばインド行けるんじゃね?

しかしこの考え方は当時のイタリアでは誰からも相手にされず支援してくれる人物は見つからなかった。それでも諦められないコロンブスはスペインを目指しスペインの女王イザベルに支援してもらう事に成功し航海に出ることができた。

そしてコロンブスは大西洋を渡って西インド諸島のエルサルバドル島に到達する事に成功した。

コロンブス
コロンブス

やっぱ西からインドにいけんじゃん〜

しかしここはインドではなくアメリカ大陸であった。その為胡椒は見つからずコロンブスは大儲けすることはできなかった。コロンブスは自分が見つけた新大陸アメリカを死ぬまでインドだと思い続けていたらしい。

コロンブスに続いた人たち

コロンブスが西に行って島や陸を見つけたことで後に続く人が多数出てきた。

カブラルは遭難した。遭難したけどその結果ブラジルにたどり着くことができた。ブラジルにはコーヒーがあった為ポルトガルに莫大な利益をもたらす事になる。

アメリゴ=ヴェスプッチが南米沿岸を探索。そこでヴェスプッチはある事に気づいた。

ヴェスプッチ
ヴェスプッチ

あれこれインドじゃなくね?新大陸じゃね?

こうしてコロンブスが発見し、ヴェスプッチが新大陸だと気づいた大陸はアメリゴ=ヴェスプッチの名前をとってアメリカと名付けられた。

他にもバルボアという人物がパナマ地峡を横断したことでアメリカ大陸の西にさらに海が広がっていることがわかり世界一周してやんぞの機運が高まる。

そこでマゼランがスペイン王に支援してもらって世界一周の旅に出る。南米最南端のマゼラン海峡を超えてくそでけえ太平洋を乗り越えた先にフィリピンに到達。マゼランはここで戦死してしまうが、その後部下達が世界一周を成し遂げる。

世界を股にかけるスペインとポルトガル

ポルトガルとスペインは新大陸やアジアで得た物を売って大儲けすることができた。大きく繁栄したスペインとポルトガルは勢力争いが起こる前にトルデシリャス条約を結んだ。この条約は世界を二つに分けてそれぞれの勢力の範囲を決めた物。アフリカの喜望峰をこえてアジア方面に出て行ったポルトガルがアジア方面に勢力を持ち、新大陸を発見したスペインが新大陸側に対して勢力を持った。

ただしカブラルが遭難した末に見つけたブラジルはポルトガルのものになり、マゼランがたどり着いたフィリピンはスペインのものになった。

新大陸ではスペインの征服者による征服活動が繰り広げられた。コルテスが現在のメキシコ辺りに存在したアステカ王国を滅ぼし、ピサロが現在のペルー辺りに存在したインカ帝国を滅ぼした。それらの土地では大量の銀が産出したためインディアン(先住民)を酷使したり歯向かうものは虐殺したりしながら銀を産出し国に持ち帰って売ることで大儲けした。



大航海時代がもたらした様々な革命と影響

大航海時代は様々な影響をヨーロッパに及ぼした。

まずは商業革命。今までは交易の中心は地中海で地中海を抑えていた国は関税をとることで設けることができた。さらにイタリアの地中海に面していた地域が繁栄していた。しかし大航海時代によって交易の中心が地中海から大西洋に移ったことでリスボンなどの大西洋に面した都市が栄えた。

さらに新大陸で取れた大量の銀がヨーロッパに持ち込まれたことでインフレが起こり物価の上昇を招いた。これがヨーロッパ社会に大きな影響を与える。

まずは西ヨーロッパ。それまで領主が農奴を使って穀物などの生産をしていた。農奴は毎年領主に地代として銀で支払いをしていた。インフレが起こったため穀物を売って得られる銀の量が増えたが、領主が地代として請求する銀の量を変更しなかったため、農奴は楽勝で銀の支払いをできるようになった。その結果、領主による農奴への影響力が下がり領主層の地位が低下した。

東ヨーロッパでは逆のことが起こった。新大陸で取れた銀が東ヨーロッパまで回ってこなかったため、銀を得たいと思った領主達は農奴を酷使し輸出用の穀物を生産し、売ることで銀を得た。これにより農奴制は西ヨーロッパとは逆に強化されることとなった。

最後が生活革命。新大陸からもたらされたのは銀だけではなく、タバコやとうもろこし、トマト、ジャガイモなどたくさんのものが伝わった。これらはヨーロッパの人たちの生活に欠かせないものとなった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました