二・二六事件とは何かわかりやすく解説

 



陸軍の派閥

二・二六事件が起こる前陸軍には二つの派閥があった。一つが統制派でどちらかと言うと穏健派だった。統制派は官僚や財閥と結び、うまいこと陸軍が政治に関わっていこうとしていた。

穏健派
穏健派

官僚や財閥と結びついて陸軍の政治的権力を拡大していくぞ

対する皇道派は陸軍の中でも過激な一派で天皇中心の国を作りたいと考えていた。青年将校が中心メンバーで目的達成のためには武力を使うことも辞さない過激な勢力だった。

皇道派
皇道派

天皇中心の国に変えるぞ、そのためには暴力だって使う

皇道派からして見ると統制派は官僚や財閥と賄賂などを送る関係でお金にまみれたきたねえ奴らだった。

皇道派
皇道派

統制派の奴らは金にまみれたきたねえ奴らだ

クーデタの実行

そんな中皇道派の相沢三郎が統制派の永田鉄山を殺害する相沢事件が起こった。元々皇道派を目障りだと思っていた陸軍首脳は皇道派を満州に派遣することを決定する。しかし焦った皇道派は派遣される前にクーデタを実行する。

皇道派
皇道派

派遣される前にクーデタを起こすぞ

こうして2月26日に青年将校は首相官邸や警視庁を襲った。このクーデタによって高橋是清、斎藤実、渡辺錠太郎などが殺害された。

皇道派
皇道派

首相官邸と警視庁を襲撃するぞ

 



天皇の決断

クーデタを起こした皇道派の目的は官僚や財閥などのお金にまみれた腐った連中じゃなくて天皇を中心とし、陸軍が国を引っ張っていく国を作ることだった。

皇道派
皇道派

天皇中心の国を作るぞ

しかし肝心の天皇がこのクーデタを認めず、鎮圧することを選んだ。

あいつらアホかよ、鎮圧しろ

天皇に認められるためにクーデタを実行した皇道派だったが、天皇に反乱軍と見なされてしまい結果的に鎮圧されることになった。しかしこの事件をきっかけに時の内閣であった岡田内閣は退陣することになった。さらに軍に逆らうと殺されてしまうことがわかったためこの後の内閣は軍の顔色を伺った政策を実行していくことになる。

軍のいうこと聞かなかったら殺されるから、軍の顔色伺って政治しないと

まとめ

陸軍内の皇道派と統制派の争いから二・二六事件は勃発した。天皇中心の国を作りたかった皇道派だったが結果的には天皇を味方にすることが出来ず、鎮圧された。

しかし軍に逆らうと殺されてしまうことをまざまざと見せつけられたため内閣はこの後軍の顔色を伺いながら政策を進めていくことになる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました