薩摩藩と長州藩の対立

ペリー来航以来開国派と外国勢力を追い出す攘夷派で日本国内は別れていた。幕府の政治がちぐはぐで混乱していたので藩が力を持って登場してくることになる。

 



薩摩の動き

薩摩藩はこう考えた。

幕府を内側から改革して天皇と協力しながら国難を乗り切るぞ

薩摩藩は幕府を内側から改革していくことを推進した。国の非常事態には能力のあるものが世の中を動かしていくべきだという主張の元人事改革などを行った。加えて薩摩は幕府と天皇が協力する公武合体路線を推進していた。さらに西洋の書物から学び、軍隊のあり方も変えた。

有能な人材が世の中を動かしていくべきだ

長州の動き

薩摩藩に対して長州はこう考えた。

天皇に最大の敬意を払った上で外国勢力をボコしてやる

長州は朝廷を支配し、単独でアメリカ・イギリス・オランダなどの外国勢力と武力衝突を起こしていた。

さらに天皇を敬い、外国を追い出そうとする長州。それに対して幕府は天皇の許可なしに外国との条約を結んだので長州からすると敵だった。そのため長州は幕府をボコしたかった。

幕府ボコしてえ

 



薩摩と長州の対立

幕府と天皇を協力させる公武合体路線を推進する薩摩にとって朝廷をコントロールし、好き放題に暴れ回っていた長州は邪魔な存在だった。そこで八月十八日の政変によって薩摩は会津藩と手を組み長州を京都から追放することに成功する。

長州邪魔だから追放してやる

京都から追い出された長州はリベンジマッチとして禁門の変を起こすが、またしても薩摩と会津に敗れ京都を奪還することができなかった。

くそ、リベンジできなかった

長州は次第に孤立していき孤立したのは薩摩せいだと恨みを募らせていくことになる。

薩摩やろう、いつか絶対に潰してやる

まとめ

薩摩と長州は天皇を尊重するという点では同じだったが、幕府に対する態度や外国に対する態度の違いから対立していった。

薩摩がうまく長州を押さえつけることで、権力を握る。その一方でいいようにやられた長州は薩摩に対して憎しみを抱いていくことになる。

しかしこの後両藩は日本史上最高のスーパースターの登場で軍事同盟を結ぶことになる。

続き

コメント

タイトルとURLをコピーしました