薩長同盟と大政奉還



長州の京都奪還計画

朝廷をコントロールし、攘夷(外国勢力を追い出す)を達成しようとしていた長州藩だったが、幕府の内側から改革をすすめ公武合体路線(天皇と幕府を協力する)を進めていた薩摩藩から京都を追い出されてしまう。

朝廷をコントロールして外国勢力をぶっ潰してやる

長州の奴らうぜえな京都から出て行ってもらおうか

こうして京都を追い出された長州は薩摩に対して憎しみを抱くようになり、京都を奪還するべくいろんな作戦を企てる。

薩摩奴らうぜえな絶対に京都取り返してやるからな

そんな計画を建てているところが新撰組にバレてシバかれたが池田屋事件。

新撰組
新撰組

おい何計画してんだよ、シバく

次に長州藩は武力による京都奪還を目指し、挙兵。こうして起こったのが禁門の変。最初は長州藩が押し気味だったが、薩摩藩の登場によりまたも京都奪還は失敗に終わる。

畜生薩摩やろうめ

薩摩と長州の共通点

このように薩摩と長州は互いに敵同士だった。しかしお互いに海外の国と直でやり合ったという経験が共通していた。薩摩はイギリスと薩英戦争を戦い、長州は下関事件や四国艦隊下関砲撃事件で列強と戦っていた。両藩とも外国との戦争を経験して共通した認識を持つことになる。

日本から海外勢力を追い出す攘夷は無理ゲー

攘夷は無理だと悟った両藩。幕府の改革がうまくいかない薩摩も、幕府に対する不満を募らせ幕府を倒す方向に思想が傾き始める。実力のある薩摩と長州が手を組めば幕府を倒すことも可能だが、それ以前に争ってきていたこともありお互いに蟠りを抱えていた。

幕府倒してえけどあいつらと手を組むのは気が進まんなあ



坂本龍馬の登場

お互いに幕府を倒すという目標は一致したものの手を組むまでには至ってなかった薩摩長州の両藩。この両藩を結び付けて薩長同盟を締結させる上で大きな役割を果たしたのが坂本龍馬。

坂本龍馬
坂本龍馬

このまま国内で争ってたら清みたいに列強の植民地にされてしまうわ

薩摩と長州を結び付けたかった坂本龍馬は両藩の利害を一致させることで同盟を締結させようと考えた。禁門の変以来長州藩は朝敵として天皇の敵と見なされていた。そのため武器を輸入することができず、軍事力を強化することができなかった。薩摩は薩英戦争以来イギリスと仲良くなっていたこともあり、最新の武器をたくさん所有していた。ここに坂本龍馬は目をつけ、薩摩が長州に武器を売って、代わりに長州は薩摩に米を売ることで利害を一致させ同盟締結にもっていく。

武器欲し〜

イギリスから輸入した最新兵器があるで、これあげる

マジ?じゃあ代わりにお米あげるね

こうして今まで敵同士として憎み合っていた両藩が、坂本龍馬の仲介により同盟を結びいよいよ討幕へと向かうことになる。

ウッシャ〜幕府しばくぞ

まとめ

八月十八日の政変や、禁門の変により薩摩と長州は仲が悪かった。しかし両藩ともに列強と直でやり合って外国勢力を追い出すのは不可能だと悟った。お互いに幕府を倒す方向に傾くが、蟠りがあって手を結ぶことはできなかった。

そこで坂本龍馬が登場し、利害を一致させることで薩長同盟の締結まで漕ぎ着けることに成功する。こうして両藩ともに幕府を倒すことに集中するようになった。

続き

コメント

タイトルとURLをコピーしました