【大正時代1】第一次世界大戦前の日本の流れをわかりやすく解説

 



第二次西園寺公望内閣

大正時代は第二次西園寺公望内閣からスタートする。西園寺内閣を困らせたのが、陸軍2個師団増徴問題。師団とは陸軍におけるグループみたいなもので時代や国によって変化するが当時の日本では1万人から2万人ほどの大グループだった。陸軍大臣の上原勇作がこの師団を2個増やしてくれと提案した。

陸軍の人数をもっと増やしてよ〜

しかし日露戦争によってお金を使い、さらに日露戦争では賠償金を取れなかったため財政的に厳しかったので陸軍の提案は国会で認められなかった。

いや、金ねえから陸軍増やすとか無理やで

自分の要求が通らなかった陸軍大臣上原勇作は陸軍大臣を辞任する。しかもその後陸軍から陸軍大臣を出さないとわがままを言い始める。かつて山県有朋によって作られた軍部大臣現役武官制という制度が日本には存在していた。これは陸軍大臣や海軍大臣は現役の軍人が勤めなければならないというルールを決めたもの。よって陸軍から大臣を出さないとなると、陸軍大臣を務めることのできる人間がいないため、内閣を形成することができなくなる。これにより西園寺内閣は総辞職に追い込まれる。

西園寺内閣
西園寺内閣

陸軍大臣誰もやってくれねえから解散します

第三次桂太郎内閣

西園寺内閣が総辞職をし、次に組閣されたのが第三次桂太郎内閣。しかし桂太郎は陸軍出身であるため桂太郎が総理大臣になることをよく思わない人がたくさんいた。

陸軍がわがままを言って総理を辞めさせた後、自分たちが有利になるような人を総理大臣にするなんて許せねえ

こうして桂太郎内閣に批判が集まり第一次護憲運動が始まる。特に立憲国民党の犬養毅と立憲政友会の尾崎行雄が桂内閣を強く批判。桂太郎もこれに対抗して立憲同志会を組織。しかしこの桂太郎やめろ運動は国民にまで広がり収まりがつかなくなったところで桂太郎内閣は総辞職することになった。

桂内閣
桂内閣

みんながいじめてくるので内閣辞めます

この第一次護憲運動によって桂太郎内閣が倒されたことを大正政変という。初めて国民によって内閣を倒すという事例ができた。

国民
国民

しゃあ!俺たちが内閣をシバいたぞ

 



第一次山本権兵衛内閣

大正政変によって桂内閣が倒された後は第一次山本権兵衛内閣に続く。山本権兵衛はバランス感覚にすぶれたいい兄ちゃん的存在の人で西園寺内閣と桂内閣をぐらつかせた制度を変えていく。まずは軍部大臣現役武官制を改正する。これによって現役の範囲を広げ、OBでも軍の大臣になれることに変更した。

山本内閣
山本内閣

これからはOBでも軍の大臣になっていいよ

さらに文官任用令を改正。これまでは政党員は高級官僚になることができなかったがその規制をなくすことで政党員も高級官僚の役職につけるようにした。

山本内閣
山本内閣

政党員の方も高級官僚になってもいいですよ

非常にバランス感覚に優れ、大正政変でぐらついていた政治を立て直すことに貢献した山本内閣だったが、思わぬところで足をすくわれる。海軍高官がドイツの会社から賄賂を受け取っていたことが発覚しするジーメンス事件が起こる。海軍出身だった山本は部下の責任を取る形で内閣を総辞職することになる。

山本内閣
山本内閣

汚職がバレたんで内閣総辞職します

この後大隈重信が総理大臣となり、いよいよ世界は第一次世界大戦へと突入していく。

まとめ

最初は西園寺公望内閣から。陸軍2個師団増徴問題により陸軍大臣上原勇作が辞任。その後陸軍大臣を決めることができなかったため第二次西園寺公望内閣は総辞職に追い込まれる。

その後第三次桂太郎内閣が始まる。桂太郎は内大臣であったため総理大臣になるのはおかしいだろ的な意見と、陸軍がわがままを言って総理大臣を辞めさせた挙句陸軍出身の桂太郎を総理大臣にするとは何事やという意見により批判が高まる。この批判は民衆に前広がり第一次護憲運動へと発展する。結果的に桂太郎内閣は総辞職に追い込まれ、初めて民衆の運動によって内閣が倒された。これを大正政変という。

その後第一次山本権兵衛内閣が始まる。山本権兵衛はいい感じの人だったのでバランスをとる。軍部大臣現役武官制を改正し、OBでも大臣になることが許された。さらに文官任用令を改正し政党員でも高級官僚になれるように変更した。

その後第二次大隈重信内閣が結成され陸軍2個師団増徴案が国会を通過。世界は第一世界大戦へと進み、日本も参戦することへとなっていく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました