新卒社会人の一人暮らしの食費

今回の記事では社会人一人暮らしの食費に関する考え方や自炊のコツについて解説していこうと思います。

食費の平均

国の調査によると年度によって多少のばらつきはあるものの概ね食費は月に4万円前後が平均だそうです。これに対して僕は月に3万円もいかない(25000くらい)なので少ない方だと言えそうです。

国の調査によると食費の平均は大体4万円前後

理想的な食費は手取りの15%といわれています。ですので手取りが27万円ほどあるとその15%である4万円ほど食費に費やしてもいいかもしれません。しかし社会人数年目の人で手取りが27万円もある人は少数派でしょう。となるとほとんどの人が食費をもう少し抑えなければなりません(理想から考えると)。仮に手取りが20万円であれば理想は3万円となります。これは自炊をすれば十分達成可能な数字と言えるでしょう。

理想の食費は手取りの15%

食費を節約するためにはやっぱり外食を減らすことが重要です。食費を減らすことだけを考えれば、大切なのは「自炊をすること」ではなく「外食を減らすこと」です。例えば自炊は無理だけどレトルトのカレーを食べるとかであれば安く、楽に食事を済ませることができます。しかしこれだけでは流石に栄養が偏ってしまうので、やはり自炊も必要にはなってきます。この辺の自炊とレトルトなどを組み合わせることで外食を減らし、それが最終的な食費の節約につながってきます。

食費を節約する上で大切なのは「自炊をすること」ではなく「外食を減らすこと」

 



自炊のコツ

自炊と聞くと料理をしたことがない自分には無理と感じてしまう人もいるかもしれません。しかし僕の中で「自炊」と「料理」は明確な差があります。自炊は生きていくために必要な栄養を摂取するための食事を用意すること、料理は趣味的な要素を含んだり美味しいものを時間をかけて極めていくというようなニュアンスを感じます。僕は自炊をしているので大したものは作りません。肉を焼いて適当な調味料で味付けするとかで十分です。このように自炊をあまり難しく考えすぎないことは自炊を続ける上で大切なことです。

自炊を難しく考えすぎてはいけない。生きていく上での栄養が摂取できればOK

もちろん食事を楽しむということは人生を豊かにする上で大切なことですので、あまりに偏った食生活になってしまうのはよくないと思います。でもこの世の中便利なものでスーパーに行けばあとは焼くだけの状態の肉が用意されていたり、文明の進化により様々な料理の素が売られているのでこれらを活用することで料理をしたことがない人でも充分に美味しい食事を簡単に用意することができます。

スーパー最高!料理の素を使えば簡単で美味しいものが作れる〜

 



買い物の頻度

買い物は休みの日に一週間分をまとめて買ってしまうのがおすすめです。こうすることで毎週かかる食費がわかります。すると「今週は買いすぎてしまったから来週は安い食材中心で行こう」とか「今週安く治ったから、来週はちょっといい肉買ってみよう」とか調整ができます。さらに毎週の食費がわかっているので毎月の食費も必然的に求めることができます。

一週間分の食事をまとめて買うのがおすすめ

まとめて買いに行くことでお菓子などの余計なものを買いすぎてしまうことを防げますし、時間の節約にもなります。また一般的に自炊よりも外食の方が時間の節約になると考えられていますが、簡単な食事であれば15分もあれば完成するのでお店に足を運ぶ時間や料理が出てくるまでの待ち時間を考えたら、それほど差が生まれるとは思えません。

もちろん外食は幸せな気分になりますし、とても美味しいので自炊ばかりでなく外食を楽しむことも大切だと思います。自炊を無理なく続け、バランスよく外食にも行くことで快適な食生活を過ごすことが重要になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました