一人暮らし社会人一年目がお金を貯めるために必要なたった2つの方法!

今回は一人暮らしの社会人1年目がお金を貯める方法について書いていきます。やるべきこと・必要なことはたった2つです。一つ目が収入の10%を先取り貯金すること。2つ目が貯金する目的を明確にすることです。

 



収入の10%を貯金する

これが一番王道かつ古より伝わる貯金するための方法です。銀行口座を2つ用意します。一つは給料が振り込まれる口座。2つ目は使ってもいいお金を入れておく口座です。

毎月給料が振り込まれるので振り込まれた給料のうち10%を残して生活費のためにもう一つの銀行口座に移しておきます。食費、家賃、生活用品、娯楽費は二つ目の口座に残っているお金でやりくりをします。

この手取り収入の10%を先取り貯金するというのは最もシンプルかつ最強の貯金法です。サラリーマンの生涯賃金は大た2億から3億ほどだと言われているので、10%愚直に貯金し続けたら退職する頃には2000万円から3000万円貯金されていることになります。老後2000万問題はこれだけで解決することができます。

この収入のうち10%を貯金するという方法は名著「バビロン大富豪の教え」の中の一つでもあるので気になった人は読んでみてください。

 



貯金する目的を明確にする

何をするにも目的を持って取り組んだ方が成功率が上がります。貯金も例外にもれず目的があった方が励みになります。

  • 海外旅行に行くため
  • 結婚資金を貯めるため
  • 老後資金を今から準備する

目的はなんでもいいと思いますが、本当に自分がしてみたいことの方がより貯金に対するモチベーションは上がります。

ちなみに著者は貯金が得意ですが、これは目的が明確になっているからです。海外旅行に行くため、一人暮らしをするためといった目的のためにこれまで目標貯金額を決定し、貯金に励んできました。なお今現在貯金する目的としては生活防衛資金を貯めて株式投資に全力を尽くすためです。

このように目的が明確になっていると貯金を成功させることができます。逆に目的を決めても貯金が続かない場合はその目的が本当に自分のやりたいことではないのかもしれません。目的をもう一度再確認する必要があるかもしれませんね。

 



まとめ

社会人がお金を貯める方法は収入の10%程度を先取り貯金することと貯める目的を明確にすることです。他にも家計簿をつけたりすると結果が目に見えるのでモチベーション維持につながるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました