ニーチェのニヒリズムをわかりやすく解説!

今回の記事ではニーチェのニヒリズムについてわかりやすく解説します!

哲学者といえばニーチェでしょ!
でもニーチェについて興味はあるけど詳しく知らないな… ニヒリズム…なんだよそれ

ヒス太郎
ヒス太郎

ニヒリズムっていうのは虚無主義とも言われることがあります。が、これだけ聞いてもよくわからないのでこの記事で詳しく解説していきます!

今回の記事を読むことで、ニヒリズムの考え方を通して人間が不幸になる理由や常識に縛られることなくもうちょっと自由に生きてみようかな?と思えるように解説していきます!
それではよろしくお願いいたします。

ニヒリズムとは

結論から書くと、ニヒリズムというのは人間が生きる意味や価値などはなく人生には何の意味もないと考え、世の中どうでもいいわ〜となってしまった人や主義のことです。
端的にいうとどうでもいい主義です。

ヒス太郎
ヒス太郎

ニヒリズム=どうでもいい主義
ニヒリズムとは世の中どうなってもいい、人生に意味なんてないと考えること

次にニーチェが考えた人間がニヒリズムに陥る過程を紹介していきます。その上で人が不幸を感じてしまう理由や常識を疑うメンタルを手に入れらる方法を解説していきます。

人間が生きる意味・価値

キリスト教の役割

人間に生きる意味や・価値などはあるでしょうか?人間という生き物は長い歴史の中で生きる意味を求めてきました。
ヨーロッパでは長い間キリスト教が人間に生きる意味を与えるものとして君臨していました。

ヨーロッパではキリスト教が人間に生きる意味を与えていた

【社会常識】日本で意味を与えているもの

現代日本ではどうでしょう?キリスト教のような宗教としては存在しなくても、意味を与えるようなものはたくさんあります。

例えば「いい大学に入って、大企業に就職することがいい人生であり、生きる意味である」とか「いい男性を見つけて20代のうちに結婚、子供を生むことがいい人生であり、それが私の生きる意味です」など人は自分の人生になんらかの意味や価値、目的を見出していることが多いです。

人間は生きる意味を求めており、上記のような生きる意味や価値を見出している人は少なくありません。しかしこれらの意味や価値というのは社会から押し付けられたものであることが多いです。

ニーチェ
ニーチェ

生きる意味・価値ってあると思いますか?

あるに決まってんだろ!なめんじゃねえ!

ヒス太郎
ヒス太郎

じゃあどんな意味・価値があるの?

いい大学に入って、大企業に就職する。その上でお金持ちになって高い車に乗ることが俺の人生の目標であり生きる意味だ!

ニーチェ
ニーチェ

人間は生きる意味を求めている。そしてそれは大抵の場合、社会から押し付けられた価値観であるものが多い。

人間が不幸に陥る原因

生きる意味なんてない

多くの人が社会から押し付けられた価値観を基に人生に生きる意味を見出していると述べました。しかしニーチェに言わせると人間に生きる意味などありません。それはまるで道端に転がっている石ころや生えている雑草のように意味がないとニーチェは言っています。

ニーチェ
ニーチェ

俺たち人間に生きてる意味なんてねえ

意味を設定すると不幸になる

人間には生きている意味がないにも関わらず、社会から押し付けられた価値観を基に生きている意味を設定するとその先に待っているのは不幸です。なぜならその意味や価値を達成できなかった時に不幸を感じることになるからです。

ああ〜大学受験失敗しちまった〜俺の人生終わりだ〜

ニーチェ
ニーチェ

人生に意味なんてないのに、社会から押し付けられた価値観で意味を形成するから不幸になるんだわ

このように実際には人生に生きる意味や価値など存在しないのに、社会に押し付けられた価値観による人生の意味を設定することは自ら余計な不幸を背負い込んでいることと同じです。人生に意味なんてないんです。無理に見出すとかしなくていいです。

 



そして、ニヒリズムへ

人間には生きている意味なんてないし、無理に意味を見出すから不幸になるということがわかったと思います。生きている意味がないと理解した先に待っているのが、そうニヒリズムです。

あ〜人生に意味なんてなかったんだ〜

もう人生どうでもいいし、世の中がどうなろうが知ったこっちゃねえわ

ニーチェ
ニーチェ

お〜ニヒリズムに陥ってるねえ

こうして人生の意味を失い、ニヒリズムに陥った人をニーチェは末人と表現しました。そしてこの末人が近い将来大量発生することもニーチェは予言していました。現代日本でも目標や夢を持たず、淡々と日々をやり過ごし、ただひたすらに時間をつぶすだけの人生を送っているような人もいるんじゃないでしょうか。ニヒリズム=どうでもいい主義に陥るとこのような人生になります。

いや〜もう人生はただ時間をつぶすだけの何の意味もないものですわ〜

しかしニーチェの哲学の魅力的なところはこのニヒリズムを脱却する方法も教えてくれることです。

まとめ

今回はニーチェのニヒリズムについて解説しました。ニヒリズムというのは虚無主義のことで超訳するとどうでもいい主義です。

人間は人生に生きる意味を求めがちですが、多くの場合はその意味を社会から押し付けられます。そして人間は押し付けられた通りの人生を送れなかった時に失望し、不幸を感じます。
しかしいつか人生に意味がないことに気付きます。意味がないことに気付いた時に人間はニヒリズム、どうでもいい主義に陥ります。
ニーチェはこのニヒリズムに陥った人のことを末人と表現し、近い将来大量に発生すると予言していました。

ニーチェの哲学がわかるおすすめ書籍はこちらになります。ニーチェの哲学を学ぶと冗談抜きで生き方が変わります。とりあえず常識がぶっ壊されて、絶望します。でもだからこそ常識に囚われることなく、自分の頭で考えて前向きに生きていこうと思える。そんな素敵な哲学です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました