FIREとは資本主義の頂点である

FIREとは

FIREというのは「Financial Independence, Retire Early」の頭文字をとった略語になります。日本語に訳すと「経済的自立と早期退職」という意味になります。

経済的自立というのは資産運用などによって得られる不労所得が生活費を超えた状態のことをいいます。つまりFIREとは生活費を自分ではなく、自分の資産が稼いでくれるので仕事をする必要がなくなり若くして退職することが可能になるということです。

自分で働かなくても資産が生活費を稼いでくれる状態のことを経済的自立という

経済的自立をするためにいくら必要か

FIREを達成するために必要な資産は単純にいくらという数字で示すことはできません。なぜなら必要な金額は人によって変わるからです。ただし、シンプルな計算方法があります。それが年間支出 ✖️ 25です。ですので年間の支出が400万円の人は400万円✖️25で1億円の資産が必要になります。年間支出が100万円の人は2500万円になります。

経済的自立を達成するためには年間支出の25倍の資産が必要

なぜ25倍なのか

なぜ経済的自立を達成するのに必要な資産額が年間支出の25倍なのでしょうか?単純に考えると25年で資産は底をつき野垂れ死ぬ未来が待っていそうです。しかしそう単純ではないのがFIREです。この25倍という数字はアメリカのトリニティ大学が行ったトリニティスタディという研究が元になっています。このトリニティスタディによると資産を株式や債権などで運用し、4%の取り崩しを行なっていった場合30年後にも資産が残っている確率は非常に高いという研究結果が出ています。むしろ資産が増える可能性すらあります。

資産を形成した上で4%ずつの取り崩しであれば資産は減るどころか増えていく可能性すらある

この研究結果を元に4%なら取り崩しても問題ないという結論が導かれ、25倍の資産があれば大丈夫という計算になるわけです。しかしこの4%には注意点もあります。それはどんな株式や債権に投資しているかというのが重要であることや米国を中心とした研究であるということです。そのため盲信しすぎるのはお勧めできませんが、一つの強力な参考にはなります。

FIRE達成のために必要なこと

次にFIREを達成するために必要なことについてまとめていきます。

  1. 支出の把握
  2. 稼ぎを増やす
  3. 投資に回す

一つずつ詳しく見ていきましょう!

支出の把握

第一段階は支出の把握をすることです。なぜならFIREに必要な金額は年間支出×25だからです。年間支出がわからなければ、必要な目標金額すら定まりません。そのため支出を把握することが大切です。

そして支出の把握には家計簿が欠かせません。現代ではスマホアプリを使うことで簡単に家計管理をすることができます。僕はマネーフォワードというアプリを使って家計管理をしています。本当に便利ですのでお勧めです!またマネーフォワード以前はLINE家計簿を使っていました。こちらも使い勝手が良くお勧めなので、自分に合った方を使って家計管理をしてみてください!

マネーフォワード iPhone版 Android版

LINE家計簿 iPhone版 Android版

家計簿アプリを活用して支出の把握をしよう!

稼ぎを増やす

第二段階は稼ぎを増やすことです。年間支出が400万円である場合は1億円の資産が必要になります。1億円というのは相当な大金なので、やはり稼ぎを大きくする必要が出てきます。自己投資によって稼ぎを増やしたり、副業を始めて稼ぎを増やす必要があります。

ランサーズクラウドワークス といったサービスを利用することで誰でも副業を始めることができます。

自己投資や副業を始めて稼ぎを増やす!

投資に回す

支出を把握し、稼ぎを増やしたらいよいよ投資をする段階です。収入と支出の差額を投資にまわし、複利の力を借りながら資産を効率よく増やしていく必要があります。ただ投資というのは知識をある程度身につけないと資産を減らすことにつながりかねないので事前に本などで勉強する必要があります。投資を始める前に読んでおいた方がいいと思う書籍は以下になります。

投資について学び、実践する

以上がFIREを達成するために必要な道のりです。何を隠そう、僕もその道の途中にいる人間です。一緒にFIREを目指したいという仲間が増えることを祈っています。FIREについてもっと詳しく知りたい人にはやはり書籍がお勧めです。以下の本なんかを手にとてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました