資本主義とはなにか簡単に解説

資本主義とは

資本主義というのは経済の仕組みの一つ。資本主義以外の経済の仕組みとしては社会主義などがあります。現在日本やアメリカ、イギリス、フランスなど多くの国が資本主義を採用しています。

資本主義とは経済の仕組みの一つだよ

日本
日本

俺たち日本も資本主義の国なんやで

じゃあ資本主義がどんな仕組みなのかというと、一つの特徴として私有財産が認められていることです。私有財産が認められているということは個人が自分のものを所持してもいいということです。

例えばこのサイトに訪れてくれた方はスマホやPCなどを使っていると思います。そして今使っているスマホやPCはおそらくあなたのものでしょう。他にも貯金している人がいればそのお金はあなたのものです。他にも「これは私のものです」と言えるものが身の回りにはたくさんあるはずです。

今画面を見ているスマホとかPCは自分のものだし、他にも俺はいろんなものを持っている。

生まれてからずっと資本主義社会で生きてきた私達にとって自分のものを所有できるというのは当たり前のことのように感じますが、これが資本主義の特徴になります。

所有できるのはスマホやPCなど身の回りのものだけではありません。土地や工場といったモノやサービスを生み出す物も個人が所有できます。資本家と呼ばれる人は銀行からお金を借りて土地や工場を準備して労働者を雇います。この労働者を働かせることで利益を獲得していきます。

資本家
資本家

銀行からお金を借りて、工場作って利益を獲得するぞ〜

 



資本主義のメリット

資本主義のメリットは競争によって経済成長していくことです。自由に商売を行うことができるので、いろんな人がビジネスを始めます。いろんな人が商売するので同じサービスを提供しようとする人も出てきます。そこで他より良いサービスやモノを作って多くの利益を生み出そうと競争が生まれます。

日本
日本

お前たち自由にビジネスしていいぞ

他人に負けねえように頑張ってお金稼ぐぞ〜

また工場を用意して労働者を働かせることで利益を獲得した資本家はその利益でさらに別の工場を作ったり、もっと多くの労働者を雇うことでさらに利益を大きくしていくことができます。自分が稼いだらそれだけ自分のものになるので、資本家は利益を追求していきます。資本家が利益を追求していくことでどんどんと経済成長していきます。

資本家
資本家

利益を再投資してさらに利益を増やすぞ〜

このように競争や、利益追求による経済成長。これこそが資本主義最大のメリットと言えるでしょう。

資本主義のデメリット

資本主義のデメリットとして真っ先に上げられるのが貧富の差が生まれてしまうことでしょう。自由に商売をしていいので、いろんな人が事業を起こし、競争が生まれることで経済発展をするのが資本主義です。競争によって勝者が生まれるということは競争によって敗者が生まれるということでもあります。

競争に負けると貧困に陥る可能性がある

資本主義を採用する国に貧富の差はつきものです。少数の富裕層と、多くの貧困層が生まれてしまう可能性があるというのが資本主義最大のデメリットです。

この資本主義最大のデメリットである貧富の差を無くそうとした思想が社会主義になります。

 



まとめ

資本主義というのは経済体制を表す言葉で、日本も資本主義を採用しています。資本主義最大の特徴は、私有財産が認められていることです。人々は自由にビジネスを行うことができるので、競争が生まれ経済が発展していくというメリットがあります。しかし競争に敗れたものは貧困化するのどの貧富の差が生まれてしまうことが資本主義社会のデメリットだといえそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました