株式投資を小額から始める際のおすすめ

この記事は株式投資に興味があるけど、初心者でよくわからないから小額から始めたいという人に向けて書いています。

結論

結論から言うとSBI証券や楽天証券などのネット証券で口座を開設。つみたてNISAで全世界もしくは米国のインデックスファンドを毎月一定額購入していく。一つずつ解説していきたいと思います。

なぜネット銀行なのか

株式投資を始めるために必ず必要なのが証券口座です。この証券口座は大きく分けて総合証券とネット証券があります。総合証券は実店舗が存在し窓口に行って営業の人に相談することができます。対してネット証券は全てオンライン上で取引をするので自分で全てを行わなければなりません。

総合証券は窓口や電話で営業の人とやりとりを行うのに対してネット証券はオンライン上で自分で取引をする。

これだけ聞くとプロに聞ける総合証券の方がよく感じてしまいますが、これは落とし穴です。総合証券とネット証券では手数料に大きな差があります。担当者がつく総合証券ではそれだけ人件費がかかります。そしてその人件費がどこから捻出されているかというと株を買う人の資産から手数料という形で吸い取られているのです。手数料は数%であることが多いですが、投資の世界ではその数%を争うので手数料はできるだけ低く抑えることが鉄則です。そのため人件費がかからないため手数料が安くなるネット証券を使うのが得策です。

総合証券では担当者の人件費を捻出するために手数料が高く設定されている。数%を争う投資の世界ではこれが大きな差となる。そのためネット証券を利用するのが得策。

じゃあどのネット証券が良いのかという話になってきますが、SBI証券か楽天証券がおすすめです。どちらも取引手数料は低く、扱っている商品やサービスも申し分ありません。SBI証券ではTポイントが使え、楽天証券では楽天ポイントが使えるので普段どちらかのポイントを使っているならそちらの証券口座でいいと思います。どちらも使っていない場合はどちらにしても大差はないです。

SBI証券か楽天証券がおすすめ!

 



つみたてNISAとは

株式投資を初めてみようと思っている方の中にはつみたてNISAという言葉を聞いたことがある方も多いんじゃないかと思います。つみたてNISAというのは簡単に言うと税金面での優遇が受けられる口座みたいな感じです。

つみたてNISAで株を買うと税金面で優遇される

つみたてNISAは年間40万円の上限枠があります。そしてこの枠内で購入した株から得た運用益(売却益や配当金)に20年間税金がかかりません。20年間という期間の長さからしてもつみたてNISAは長期投資向けであるということができます。そのため短い時間で資産を2倍、3倍と爆速で伸ばしていきたい方には不向きですが初めて投資を始める方には最適です。

つみたてNISAでは株式などの運用によって得た利益に20年間税金がかからない

買うべきインデックスファンド

ネット証券で口座を開設しつみたてNISAで株を買う準備が整ったらあとは何を買うか考えるだけです。初めて投資をする方におすすめなのが全世界株式もしくは米国のS&P500に連動したインデックスファンドです。

全世界もしくは米国のインデックスファンドを買うべし!

インデックスファンドというのは株の詰め合わせのようなものをイメージしていただけると良いかと思います。全世界株式のインデックスファンドであれば、世界中の国の株式に投資することになります。世界経済が成長すれば全世界株式のインデックスファンドも成長することになります。米国のインデックスファンドも同様で米国が成長すれば同じように成長していきます。

インデックスファンドは株の詰め合わせパックみたいなもの

具体的に買う商品は以下の通りです。

  • eMAXISSlim全世界株式
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  • SBI・全世界株式インデックス・ファンド
  • eMAXISSlim米国株式
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • SBI・バンガード・S&P500

この辺りになってくるかと思います。上の三つは全世界が投資対象で下三つは米国が投資対象です。これらの商品は数千円から買うことができるので小額からでも投資を始めることが可能です。

これらの商品は数千円でも購入することが可能!

またつみたてNISAでは毎月の購入金額を決めてコツコツと買っていくことが推奨されています。例えば毎月15日に5000円分のeMAXISSlim米国株式を買うといった具合です。毎月同じ日に同じ金額を購入することで感情を無視し機械的に資産を積み上げていくことが可能になります。さらに株価が高い時は少なめに購入し、株価が低いときには多めに買うことができます。これによってバランスよく資産を買っていくことができるというメリットがあります。

毎月一定金額を購入していくスタイルがおすすめ!

 



まとめ

以上が株式投資を小額から始める際のおすすめとなります。個別の会社を買うことを考えていた方はもしかしたら期待に添えない記事になってしまったかもしれません。しかし投資初心者が小額から株式投資を始める際の最適解はこの記事で紹介したようなつみたてNISAでインデックスファンドを定額購入であると筆者は信じているので今回の記事ではこの方法を紹介させていただきました。以上参考になれば嬉しいです。最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました