つみたてNISAはいつ始めるべきか

質問

今回質問をいただいたので、そちらに回答する記事を書いていきます!いただいた質問は以下の内容です。

20代男性会社員です!

現在は実家で暮らしているので、いくらか投資に回せそうなお金があります。その上で投資は早いうちに始めたほうがいいということで、つみたてNISAから投資を始めてみようと思います。

しかし数年後に実家を出ることを考えているので、その時は投資にお金を回せるかわかりません。つみたてNISAは投資期間が決められているので、投資をできない期間があるのは損をしてしまいます。

いつ投資を始めたら良いでしょうか?

結論

結論は「始めてみても良い!」です。でも引越し資金を投資で蓄えるのはオススメしません。引越し資金とは別で、長期目線で投資を始めるなら始めてみていいと思います!理由を順番に解説していきます。

資産価格が値動きすることに慣れるためにもまずは始めてみたらいいと思う!つみたてNISAを使わないという選択肢もあり!経験から得られることも多い!

ただ引越し資金を投資で蓄えようとするのはオススメしない。

解説

早く始めると複利の力を最大限使える

まず「投資は早いうちに始めた方がいいのか?」という点ですが、これは間違いなく早い方が良いです。理由は複利の力を最大限に活用することができるからです。複利というのは投資をしていく中でとても大切な考え方です。簡単に説明すると複利とは「利息に利息がつく」ことです。例えば、100万円投資して1年後に101万円になったとします。次の1年には元金の100万円ではなく101万円に利息がつきます。この複利を侮ってはいけません。天才物理学者アインシュタインが「人類最大の発明」と評したのが、複利です。

「家庭の金銭学」という書籍に複利のパワーのエグさを表す「ジャックとジル」という姉弟の衝撃のエピソードがあります。

弟のジャックは18歳から毎年50万円を、8年間投資をしました。

ジャック
ジャック

合計投資金額は400万円!

その後はほったらかしといた!

一方姉のジルは26歳から毎年50万円、40年間投資をしました。

ジル<br>
ジル

合計投資金額は2000万円!

40年コツコツ積み立てたぜ〜

年利は10%で運用した場合、65歳の時点で多くの資産を持っているのはどちらでしょうか?

40年も続けたんだ、頼むからジルであってくれ

答えは8年しか投資していないジャックなんです。時間の差を埋めるのはとんでもない努力が必要になります。もしかしたら、努力では埋まらない差が生まれるかもしれません。なので投資はできる限り早く始めた方が良いと言えます。

This is 複利

複利すげぇ〜

複利というのは下記のインスタの投稿でも解説しました!

つみたてNISAをフル活用できないかもしれない

今回の本題ですが、つみたてNISAの期間中に投資をできない期間が生まれてしまうかもしれないということですが、これはそんなに気にしなくてもいいなじゃないかなというのが個人的な意見です。私は大学生の頃につみたてNISAを始めましたが、大学生の頃は上限額である毎月33,333円を投資に回す余裕がなかったので、5,000円から10,000円の間を臨機応変に積み立てていました。

私は大学生の頃は5,000円から10,000円を毎月投資に回していた。

毎年の上限40万円には到底及ばない

また別の案ですが、つみたてNISAを使わないという選択肢もありだと思います。つみたてNISAを始めるのは実家を離れた後余裕が出てきてからにして、今は日々資産額が、変動することに慣れるためにつみたてNISAを使わずに投資を始めてみるということです。

投資は絶対につみたてNISAから始めなければいけないというわけではない。1000円とかでまず、投資信託を買ってみるという経験をするといいかもしれない

まとめ

今回の記事のまとめです!

  • 複利はエグい、早く始めると投資は有利
  • いい経験にはなるので、始めてみてもいいと思う
  • つみたてNISAを使わないという選択肢もあり!

最後に注意点ですが、投資はあくまで自己責任で行ってください。投資にはリスクがつきものです。資産が減る可能性だってあります。その上で投資をしていく上で大切なのは以下の点だと考えています。

  1. 目標を明確にする
  2. 手数料を払わない
  3. リスクがあることを認識する
  4. 投資をする=現在を捨てるということでもある

オススメ書籍はこちら!こちらは2021/10/23現在、kindleunlimited対象書籍となっております。月に何冊も読む人はkindleunlimitedは絶対に入った方が良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました